冠婚葬祭・服のレンタルを利用する利点

冠婚葬祭の際、服をレンタルしたことがありますが、場合によってはとてもいいものだと知り、使い分けをしています。
使ったのは真夏の葬儀の際と、喪主側になった際の二度です。
真夏、タンクトップ一枚でも汗が噴き出すころに、ごく近しい親族の葬儀をすることになり、通夜・本葬・初七日・四十九日法要など、連続で何度も黒い着物を着なくてはならなかったときは、本当に便利だと思いました。
自分の高価な正絹着物を、あの汗と連続使用に耐えさせるには勇気がいることでしたが、レンタルならちっとも惜しげなく使用することができたのです。
次は喪主側になったときです。
喪主側の女性って、心労も労働も多いのに、その上決めることや気遣いが多くて本当に大変なんです。
自分のことなど構ってられません。
男性ならスーツ一つで気軽ですが、女性の私は着物やら小物まで全て用意する暇なんてありませんでした。
しかも自宅ではなく場所が遠方で、死去する前からずっと付き添っていたせいで、家へ取りに帰る暇もなかったのです。
この時は本当に助かりました。
今のレンタル着物はちっとも安っぽいものではなく、忙しい時には利用したほうが良い場合も多いと実感しました。

ハワイで上質な家族写真を撮影
プロカメラマンが撮影するので、ワンランク上の記念写真を残すことができます

http://www.okdemocrat.com/
ブライダルエステの口コミ人気ランキング紹介サイト

チャペルウェディングのためのファッション

ブライダルエステとは?
結婚式を控えた女性のためのエステ。福岡で人気のサロンはこちら↑

子供写真
成長の過程を記録するお手伝い

最新投稿